ガンダムダブルオー 2期 第7話 感想

いやーなんか最初の戦闘の印象が消えてしまうような話でしたねー

おっと本格的なネタバレはコノ↓に





カタロンを逃がすために自らおとりになってアロウズと戦うCB
といっても、前回でほぼ終わってたみたいで
メインはブシドーvs刹那だったんですが
手加減うんぬん言ってたのはトランザム発動時のダブルオーと戦いたかったようです。

でも、腕切れらた後トランザムで粒子圧縮率が下がってダブルオーが動かなくなると
剣を向けつつも、「切る価値がない」とか言って退却するという軍法会議モノの行動をする。
免許があるとはいえ、「勝手が過ぎるぞ、ミスターブシドー」


さて、打って変わって
MSのシステムダウンから遭難したアレルヤとソーマ
やっぱし、ソーマは人格を上書きのような形でつけられてたようです。
そしてなぜかマリーの人格が前に・・・

で、昔話をしていると
1人で捜索していたセルゲイが2人を発見
まるで娘の幸せを願う父親のように、アレルヤにマリーを託して
ソーマの戦死報告と共に帰っていく・・・
いやーいい父親です。
実子のアンドレイは家庭を顧みなかったセルゲイを嫌ってるようですが・・・


そして、ここにきてティエリアとリジェネが遭遇します。
同じDNAを持つといってたけど、彼らがホントに性別あるなら
性染色体は違うんじゃと思った。
ま、常染色体は同じなんだからほとんど差異はないんだろうけど


んー今後はどうなるのかな 予想がつかないな
リボンズvsティエリアなのかもしれないけど・・・
黄緑の機体がキニナル

1/3 http://jp.youtube.com/watch?v=F4UOfq6eX98
2/3 http://jp.youtube.com/watch?v=aYZy2n1FkUQ
3/3 http://jp.youtube.com/watch?v=Pc57G9jQk5c

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック