ガンダムダブルオ- 2期 第9話感想

続けて第9話です
はっつけはあとからします




さて、第8話の続きで
ぎっちょんvs刹那&ティエリアが始まります

どうやら、ぎっちょんはルイスと同じく再生医療で半分以上体を復活させたようです
しかし、スローネツヴァイ改は上半身のフォルムが尖ってさらに剣も細くなってスピードがアップのようです
おかげで 刹那とティエリア2人がかりでも圧倒されるぐらいの強さ

しかし、ガンダム4機相手はつらいらしく撤退しましたが
ファングに・・隠し腕に・・・おそろしい進化をとげてますね

ここで
作戦行動中の部隊を離れ、ワンマンアーミーことグラ・・Mr. ブシドー
新型を自分色に染めに行くとは、なんという独自行動
でも、やっぱ不完全とはいえ、トランザム状態のダブルオーに
腕切られたことが気になってるんですかね

ブシドーの要望は、剣とスピード・・・
その要望を叶える機体と一瞬見えた感じでは
フラッグではなさそうだったのでフラッグファイターとしては残念です

さて、前回発見され、またもや包囲網を敷かれるCB
そして、なぜかギャグキャラに転向したのか リント少佐は
カティ・マネキンとイノベイターのライセンス持ちにバカにされます。

さて、トレミーは
トリロバイト6体&2個小隊に囲まれるもトランザムによる大気圏離脱で突破します。
その手法を見て、マネキン大佐はスメラギさんの存在を確信したようです。
おかげで、またスメラギさんのトラウマスイッチが入っっちゃったようです。


ここで9話は終わりましたが
オーライザーがどのように活用されるかが気になりますね
CMとかを見た感じだと、両肩の部分に装着して使うようですが
それでどう現状の機体を凌駕するのか 気になります。


1/3 http://jp.youtube.com/watch?v=hFFwp9jhZ1c
2/3 http://jp.youtube.com/watch?v=t0RSg_akdWg
3/3 http://jp.youtube.com/watch?v=t4pCFk89eMc

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック