ガンダムダブルオー 2期 第10話 感想

いやー、オーライザーだけかとおもいきや
いろいろありましたな



カティ・マネキンとスメラギ(リーサ・クジョウ)との関連が前回より詳しく明らかに
スメラギさんはカティ・マネキンに憧れていたためにさらに苦しんでいる様子

ま、そんな中
CB側はオーライザー受け取りにラグランジュ3へ
途中イノベイター新型の襲撃を受けるものの到着する。
しかし、アニューという明らかにイノベイターメンバーが(笑)

オーライザーとダブルオーの合体し、トランザムを発動させるとなんと通常の3倍(300%)へ
まさに「赤い彗星」と化す様な気がしてならないです


さて、そんな一方、中東では連合に反抗する国が現われたが・・・・・
アロウズが衛星軌道中に建造した、ビーム砲「メメントモーリ」によって撃たれます
ついでに、荒熊も巻き込まれて(意図的に配置された?)行方不明に・・・

そしてなぜか感じ取ったマリーは荒熊の安否を心配し
「寝てられない」とか言って、4年ぶりにハレルヤさんが復活されました。
一期の最後の言葉の漢字は「先逝ってるぞ」だと思ってたんですけどね
でも、これで「超兵のあるべき姿」が見れると考えると楽しみです


さて、次でまたアロウズvsCBが見られそうだけど

不幸になっていく姫様とサジはどうするんだろう・・・
今回でさらにアザディスタンの再興は難しくなったし・・・
サジはCBにいるかぎり、ルイスとは敵同士にしかならないし・・・

あとダブルオーの声って・・・MSが声(音)を発するのか・・
なぞだなぁ

1/3 http://jp.youtube.com/watch?v=foz33h6OzNc
2/3 http://jp.youtube.com/watch?v=5w_fx9Hw1_k
3/3 http://jp.youtube.com/watch?v=NvjCXA-SBPk

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック